介護業界で活躍する女性達

介護職は女性が活躍しやすい

おすすめ記事

面接同行も可能「ミライユキャリア介護」

求められる女性介護職員

求められる女性介護職員

介護業界の問題

介護業界が抱える問題にはやはり人材が足りていない人手不足ということが言えます。そして人材不足の中でも特に若い人材が極端に足りていないことが問題視されています。介護は様々なジャンルの介護サービスや介護施設がありますが、どこの介護の現場でもやはり若い人材が不足しています。ベテランと呼ばれる人材の確保も重要ではありますが、今後の介護業界を担っていくことになる若い人材も極めて重要です。力仕事も多いため若い男性は特に確保したいと考える介護施設は多いですが、実は女性に強くおすすめしたいのが介護職です。

女性が向いている

基本的に介護職は男女関係なく活躍することができますが、中でも女性におすすめしている理由について紹介していきます。まず、介護現場は男女比率だけを見ると女性の方が圧倒的に多いため、男性は少し肩身の狭い思いをしてしまうこともあるかもしれません。しかし女性が多いため女性同士のコミュニケーションも取りやすく、初めて介護の現場で働く際には働きやすく感じるはずです。
また、介護サービスは高齢者向けのサービスとなっているため、利用する人はもちろん高齢者です。高齢者の方は生きてきた時代もあり、男性が前にでて女性が一歩引いてという考えが根強く残っています。そのため男性の利用者に女性スタッフが介助をすることに抵抗はありませんが、逆に男性スタッフが女性の利用者に対して介助をしようとすると、男性にはそんなことを頼めないと考えている女性も多いです。そのため女性からの介助を希望される女性の利用者も実は数多くいます。

入浴や排泄介助に関して

女性におすすめする理由としてやはり入浴や排泄介助といった利用者のデリケートな部分を介護する際もやりやすさがあります。やはり女性の利用者が男性の介護スタッフにこういったデリケートな部分の介助はされたくないと考えることは当然です。仕事だからと関係なく割り切ることできない部分であり、かえって利用者のことをよく考えなければいけない仕事だからこそデリケートな部分はよく考える必要があります。実際に介護の現場では同性介助を求める声も多いため、女性には特におすすめする理由の一つになっています。介護には異性かどうか、同性である必要があるのかという点に関しては信頼関係があれば関係のないところでもあります。そのため男性ではダメということは全くなく、女性の方が信頼関係を築きやすいというだけで、男性も現に多くの方が活躍されています。

よく読まれている記事はこちら!

転職エージェントがおすすめな理由

介護職は個人のレベルによりも、職場によって職務環境や給与などの条件が大きく変化します。そのため介護職は職探しがとても重要となりますが、その職探しにとても役に立つ転職エージェントについて紹介します。

詳細へ

女性介護士のあなたへ

介護職は今後超高齢化社会を迎える日本においてとても重要な役割を持っています。その介護業界は女性が多く活躍しており、女性が活躍しやすい職とも言える介護業界での悩みや解決法について紹介しています。お問い合わせ先:care_woman_1990@yahoo.co.jp