介護業界で活躍する女性達

女性も介護業界で長く働くためのポイント

おすすめ記事

利用者満足度が高い「ファーストナビ介護」

介護業界で長く働くポイント

介護業界で長く働くポイント

資格と給料

介護職は50代になっても女性が活躍することのできる職種であり、実際に多くの40代、50代の女性が働いています。特に介護業界で働いて長い人ほど資格取得者の割合も高くなっています。そんな長く働いている人が取得している資格と給料との関係についてみていきましょう。
まず介護系の資格の有無で平均給与に大きな差があることがわかっていますので、それぞれの資格と平均給与について紹介します。取得していることで最も平均給与が高くなっている資格が介護支援専門員です。介護支援専門員を取得している人の平均給与は27万4527円とかなり高めになっていることがわかります。そして無資格の人の平均給与は19万6831円と約8万円近い開きがあるため、資格を取得している人と取得していない人では大きな違いがあります。 介護職を長く続けることを考えればやはり給料というポイントはとても重要だと思いますので、介護職を長く続けるためには給料を高くすることを考えましょう。給料を高くすることを考えるのであればやはり資格を取得することが近道だとわかりますので、長く仕事を続けるためには資格を取得して給料を上げるということがとても重要です。

休暇を上手に使う

女性はどのような職業に就いたとしてもライフイベントとの兼ね合いがあることは間違いありません。結婚をして家事をする人や、出産をして育児をする人などは特に結婚や出産を機に辞めざるを得なくなることなどがあります。そうならないためにも休暇を上手に使うことが長く仕事を続けるコツになります。
まず休暇として代表的なものに有給休暇があります。この有給休暇は正社員ではなくてもアルバイトやパートの人にも認められている権利ですので、積極的に使用していき消化しやすい環境を作りましょう。
そして出産には産休や育児休暇があります。産前となる出産予定日前の6週間と出産翌日からの8週間が対象となる産休と、産休終了の翌日からスタートして1歳の誕生日の前々日まで取得することのできる育児休暇を使うことで長く働き続けやすくなるはずです。産休期間と育児休暇期間には雇用保険から育児休業給付金が支払われるため、休んでいる間は無給となることはありませんので安心して取得しましょう。

育介法を中心に育児休暇や有給休暇といったものの申請の仕方や関連制度について解説してくれている本ですので、育児休暇や有給休暇を取りたいと考えている人には必須と言える本です。

育児介護休業の実務と手続き (平成29年1月改正施行対応)

よく読まれている記事はこちら!

転職エージェントがおすすめな理由

介護職は個人のレベルによりも、職場によって職務環境や給与などの条件が大きく変化します。そのため介護職は職探しがとても重要となりますが、その職探しにとても役に立つ転職エージェントについて紹介します。

詳細へ

女性介護士のあなたへ

介護職は今後超高齢化社会を迎える日本においてとても重要な役割を持っています。その介護業界は女性が多く活躍しており、女性が活躍しやすい職とも言える介護業界での悩みや解決法について紹介しています。お問い合わせ先:care_woman_1990@yahoo.co.jp