介護業界で活躍する女性達

介護士が抱える様々な悩み

おすすめ記事

非公開求人が多数「きらケア」

働く上での様々な悩み

働く上での様々な悩み

給料が安い

仕事はとても大変な介護の仕事ですが、その見返りとして支払われる給料が安すぎると感じる女性介護士は少なくありません。これだけ働いてこの給料であれば別の仕事を探したいと考える転職や退職を希望している人もいます。そのため給料が安いという点は女性介護士も男性介護士も多くの人が悩んでいることの一つです。
しかし現在は給料が安いですが、人材不足などの原因となっていることから国が介護報酬を上げていくことが前向きに検討されています。そのため今後は給料も改善されていくことが期待されています。

人間関係

女性介護士は特に人間関係で悩みやすいと言われているのが介護の現場です。同僚との人間関係だけではなく利用者とのコミュニケーションといった部分でも悩む人がいます。そして女性がとても多い職場ということもあり、女性同士の間接的な攻撃があったりといじめのような環境に悩んでしまうという人もいます。

夜勤

年齢を重ねるとやはり若い頃の体力を維持することが難しくなってきます。そのため年齢がある程度いくと若い頃と比べて体力が衰えてしまうため、夜勤がどんどんと辛く感じてしまうと悩んでいる人が多いです。夜勤をすると疲れが何日も抜けないという声や、夜勤自体をもうしたくないと考えている人もいるようです。
しかし、介護施設は24時間体制で管理されているところも多いため、どうしても夜勤のシフトが必須となってしまうという悩みがあるようです。もちろん夜勤のない訪問介護ステーションやデイサービスといった働き方もありますが、夜勤手当が無くなることによって給料が低くなってしまうジレンマに悩む声もあります。

腰痛

女性介護士に特に多いのが腰痛で悩んでいるという人です。男性に比べてやはり力が弱いため、腰に負担がかかりやすく重度の腰痛を抱えてしまうという人もいます。軽度の腰痛を持ちながら働いているという人もとても多いですが、それがひどくなってしまい業務に支障が出てくるようになると転職や退職の原因となってしまいますので、腰痛を悩みの種とする女性介護士はとても多いです。

育児との両立

看護師は病院に託児所があり、夜勤があってもその託児所に子供を預けて働くことができる職場がいくつもありますが、介護施設や福祉施設には託児所を完備しているところはほとんどないのが現状です。そのため育児をしながら仕事を続けることが難しいと感じている人も多く、育児と仕事の両立に悩んで退職を決断する女性介護士は少なくありません。

よく読まれている記事はこちら!

転職エージェントがおすすめな理由

介護職は個人のレベルによりも、職場によって職務環境や給与などの条件が大きく変化します。そのため介護職は職探しがとても重要となりますが、その職探しにとても役に立つ転職エージェントについて紹介します。

詳細へ

女性介護士のあなたへ

介護職は今後超高齢化社会を迎える日本においてとても重要な役割を持っています。その介護業界は女性が多く活躍しており、女性が活躍しやすい職とも言える介護業界での悩みや解決法について紹介しています。お問い合わせ先:care_woman_1990@yahoo.co.jp