介護業界で活躍する女性達

介護職の悩みの種!お給料を上げる方法

おすすめ記事

求められる女性介護職員

お給料を上げる方法

お給料を上げる方法

資格を取得する

給料が低いと悩む介護士の人はとても多いですが、給料を上げていくためにはどうすれば良いかという点で資格を取得することはとても重要です。資格を持っている人と持っていない人では平均給与に大きな差が出ていることは事実としてあります。そのため介護関連の資格があれば仕事の幅も広がりますし、給与アップに直接的に効果があると考えられます。資格手当が付く施設も多いですし、早期の昇進なども期待することができます。そのため給料を上げるためには介護関連の資格を取得することで解消されると言えます。
では具体的にどのような資格を取得することが給料を上げることにつながりやすいのかという点についてです。まずケアマネージャーは特に給料が高い介護職ですのでケアマネージャーの資格を取得することは給料を上げることにつながります。ケアマネージャーと他の介護職の給料の差は90万円となっており、平均年収は370万円になります。ケアマネージャーの資格は実務経験が最低でも5年以上必要となりますので、実際に介護職の仕事に携わってきた人でなければいけません。事務的な仕事がメインとなるケアマネージャーですので、体力的に厳しいと考えている人や、腰痛が悪化してしまって現場での介助が難しくなった人にもとてもおすすめの仕事です。しかし試験に関しては比較的難しく、合格率も低いためそれなりに勉強して臨む必要があります。

条件の良い職場へ転職

介護の給料は当たり前ですがどこの職場でも同じというわけではありません。そのため資格を取得していない人でも資格を取得している人と同程度の給料をもらっている人も存在しています。つまり給料を上げることは給料の良い職場へ転職をすることでも実現します。
年収を上げたいと考えているのであれば規模の大きい能力の高い経営者がいる介護施設への転職をすることでさらに期待度が上がります。介護事業所で発生しているコストのほとんどは人件費であるため、どれだけ効率良く無駄なくサービスを提供できるかどうかは経営上重要なポイントとなります。そのため人件費を上手に削減してくれる場所であれば、浮いた資金を一人一人に還元することができます。効率化が進んでいて利用者の評判の良い施設へ転職することができれば、給料が転職時よりもさらに上がっていくことも期待できます。そのため条件が良い職場へと転職をすることは給料を上げることを最も早く期待できる手段と言えます。

よく読まれている記事はこちら!

転職エージェントがおすすめな理由

介護職は個人のレベルによりも、職場によって職務環境や給与などの条件が大きく変化します。そのため介護職は職探しがとても重要となりますが、その職探しにとても役に立つ転職エージェントについて紹介します。

詳細へ

女性介護士のあなたへ

介護職は今後超高齢化社会を迎える日本においてとても重要な役割を持っています。その介護業界は女性が多く活躍しており、女性が活躍しやすい職とも言える介護業界での悩みや解決法について紹介しています。お問い合わせ先:care_woman_1990@yahoo.co.jp